ウォールステッカーの特徴

もっと自由に― もっと大胆に―

ハレルヤリムーバブルグラフィック®は、今まで諦めていたサイン&グラフィックを思い通りにできる全く新しい貼り直し可能なリムーバブルメディアです。 「自由なサイズ」「自由な形」「自由なグラフィック」が可能なハレルヤは、 店舗、イベント、展示会、広告、住宅、車など様々な場所で、 今までできなかったようなグラフィックを導入するだけでなく、 季節やイベントに応じて「自由に貼り換え」が可能です。


さらに、お客様独自の販売用ウォールステッカーも製造しております。 デザインから生産まですべての工程を日本で行うことで、 お客様のご要望通りのグラフィックを短期間かつ高品質に作成し、 お客様のお手元にお届けします。


糊が残らず、表面から空気が抜けるため、 施工が簡単で、コストダウンも実現できます。 ハレルヤメンバーは、企画やデザイン、施工方法など お客様に最適な手法をご提案します。



さあ、ハレルヤリムーバブルグラフィックで、もっと自由に― もっと大胆に―。




選ばれる理由

どこにでも貼れる・キレイに剥がせる

ハレルヤのグラフィックシートは今までの再剥離シートや吸着シートとは違う全く新しい弊社独自素材。塗装壁・凹凸面・石膏ボード・床・ガラス・外壁・車・など貼る場所に合わせて、貼って剥がせる素材で店舗グラフィックや販促アイテムをお作りいたします。マットな素材を中心に使っておりますので、風合いも高級感があり、すでにグラフィックが施工されている上からも貼れますので壁面を有効活用できます。

高品質のグラフィックを1枚から

必要なものを1枚からご発注いただけます。
*A1サイズで:ファブリック素材6,100円~、糊無しガラス5,900円~、塩ビ素材2,800円~

サイズは自由

POP・ポスターサイズから壁一面の大判サイズまで、自由なサイズで作成可能!
さらにカットも自由自在!文字切りや人型などお客様のご要望通りにカット致します。

自分で貼れる・施工費削減

貼って剥がせるPOPやポスターなど、店舗スタッフ様で施工して頂けるので施工費が浮いてコストダウン可能です。
多店舗展開のお店様にも多数ご利用いただいております。

まずはご相談ください 安心のサポート体制

初めての方でも心配不要!ハレルヤの基準は、店舗デザインの中でグラフィックがいかに店舗の魅力を引き立てられるか。企画から素材選び、作成、施工、アフタフォローまで弊社のグラフィックコンシェルジュが電話、対面、メールにてお客様をサポートさせて頂きます。

環境に優しい・世界基準ラテックスインク

私たちは、環境に優しいLATEXプリンターを利用しております。
Latex インクは、有害物質を含まない、環境に優しい水性インクでありながら優れた耐候性・耐久性を実現しています。 また無臭のため、病院や教育施設などのデリケートな環境や、臭いに敏感な屋内ディスプレイにも最適です。


リピート率90%以上

一度お使いいただいたお客様のリピート率は90%以上。新たな店舗グラフィックの手段として様々な企業にご利用いただいております。

デザインから施工まで

大規模な案件も数多く手掛けております。日本全国に広がる施工ネットワークを持つハレルヤなら、どんな大規模な施工案件もお任せください。
デザイン企画から制作、施工までトータルで工事完了まで責任をもってご対応いたします。


運営会社

ブランドネーム ハレルヤリムーバブルグラフィック®|HARERUYA REMOVABLE GRAPHIC
運営会社 株式会社SPiCE-UP|SPiCE-UP, Inc.
代表取締役 須田 卓|Taku Suda
所在地 【本社】
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中6-9 KFM 7E-15
【東京支社】
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-10-4 虎ノ門ガーデン703号
電話番号 078-858-6058/0120-866-058
FAX番号 078-855-7386
メールアドレス info@hareru-ya.jp
営業時間 10:00~17:00
資本金 1,400万円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 表参道支店
沿革 2008年11月|設立
2010年|雑貨輸入卸売業スタート
2015年|オンデマンドグラフィックサービス『ハレルヤリムーバブルグラフィック』スタート
2016年|ハレルヤリムーバブルグラフィックが中小企業庁より経営革新サービスとして承認される
主なお取引先 株式会社乃村工藝社、ジェイアール西日本商事株式会社、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング、株式会社シード、株式会社ヤクルト球団、株式会社阪神タイガース、株式会社広島東洋カープ、日本サッカー協会、株式会社ミスターマックス、久光製薬スプリングス、ヤマハ発動機株式会社、ゼスプリインターナショナルジャパン株式会社、ハウステンボス株式会社、株式会社Plan・Do・See、株式会社レプロエンタテインメント 他多数